FC2ブログ

■限界エブリデイ■

人生の足跡。

--/--/-- --:--
スポンサー広告 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック(-) | |編集 コメント(-)

2013/08/30 01:52
生死 時間。 

先日、玄関前に蝉が仰向けになって転がっていた。

出勤前で急いでたのでそのまま出かけた。
帰ってきたら当然だけどまだ蝉が仰向けになって転がっていた。

死んでるものかと思ってたけど、ドアの鍵を探してる時に視界の端で少し動いた様な気がして、ふと見ると、四肢(というか六肢)をワシャワシャ動かして必死にもがいてる。

その光景だけ見ると「うげー」って感じだけど、こいつ、まさか今朝僕が家を出る頃から今までの18時間ほどの間、ずっとこうしてもがいてやがったのか?
と、思うと、「何てこった」と思わずにはいられなかったのである。

昆虫が苦手ながらも、僕は必死に努力する者を尊敬し、その努力が報われない者に同情してしまう。
恐る恐る仰向けになった蝉を元に戻してやったのは昨夜。

あとは知らないぞ、と。俺が手を貸してやるのはここまでだ。
あとは大自然の掟に従って生きるがよい。

そして翌日の今日。
蝉はもう動かなかった。

起こしてやった体をそのままの姿勢に維持しながら虚空を見つめているだけ。
どうせ一週間ほどの寿命の蝉。

でもだからというわけじゃないけど、蝉の18時間はどれほど貴重なものだったんだろう。

1番最初に見かけた時に起こしてやれば、少しは違った時間の過ごし方で余生を送ることができたんだろうか。

世の中には永遠の命とか若さを欲しがる人もいるけど、僕はくれると言われても欲しくないね。
時間は限られてるからこそ全ての生き物は一生懸命生きようと思えるんだと思う。
命柳 美里

小学館 2000-06
売り上げランキング : 378178

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
生(いきる) ファミリー・シークレット 柳美里不幸全記録 千々にくだけて (講談社文庫) 私小説―from left to right (ちくま文庫)

スポンサーサイト

2013/07/23 18:54
生死 運命とやらに支配されるものなんだろうか。 

貯金箱

確か僕が小学校四年生くらいの時に、ディズニーランドで買ったカリブの海賊のドクロの貯金箱。
引っ越しやら何やらで散らかってる中、うっかり踏みつけて壊してしまいました。

形あるものはいつか滅びるけど、その終わり方がどんなものか、またはいつ訪れるのかは誰にもわからない。
当時は、今の職種に就くなんて想像もしてなかったし、ましてや船橋に引っ越して一人暮らしをすることになるとも夢にも思ってなかった。

その引っ越しの整理片付けの中で起きたちょっとしたトラブル。

もしも運命なんてものが存在するとしたら、今日この日、僕に踏まれるという終焉に向かってこの貯金箱は20年以上の年月を経て来たことになる。

そんなことからふと、人間も同じことなんだろうか、とか思ってしまった。

いつかは死ぬんだろう。
老衰だったり、はたまた5年とか10年後に事故死するのかもしれない。

例えばだけど、運命なんてものがあるなら、十年後の事故死に向かって今の人生を歩んでる人もいるということになる。

運命は自分で切り拓くだとか陳腐なことはいくらでも言えるけど、もし、定められた、目に見えざるものに支配されていたとしたら、と考えたらゾッとした。

と、たかだかうっかり貯金箱を踏んだことからすら壮大な想像をめぐらせてしまうもんだから、僕という人間をやっているのは正直疲れる。

2012/11/27 23:44
生死 祖母が他界しまして。 

花鳥風月
急遽秋田県まで飛んで来ました。
車で九時間。
結構長旅でしたが今日はとりあえずひと段落ってことで心境を手記として残しておく。

2012/11/01 23:59
生死 いっぺー、宗教の勧誘と闘う の巻 

あー、ぶっちゃけ何も面白いわけじゃないです。
その上、超長文。
まあネタといえばネタかな、て感じで記録として書いておくだけなので読まんでもええよ。
==========

くたびれてとりあえずさっさと帰ろうと思っているところへ、一人の男性が僕にぴったりと歩行速度を合わせてついてきて、意識調査にご協力を、とのことだった。

絶対意識調査じゃねえよコレ、ってのはすぐわかったんだけど、ほんの気まぐれで足を止めた。
今日は少し冷え込んでいたので、少し情が湧いた。
この寒空の下、この男も色々苦労してんだろうな、誰も話なんて聞いてくれやしないだろう、調査協力くらいならしてやるか(ホントに意識調査なら、だが)。

男「アンケートにいくつかお答えいただきたいんですが、
あなたは今の生活に満足してますか?」
ぺ「してないですね」

男「何に満足してないですか?」
ぺ「【×××ここでは割愛×××】」

男「そういうとき、どういう風に解決しますか?」
ぺ「別にどうもしないです。ひたすら忍耐です。ごたごたしたくないですから」

男「それはつらいですね」
ぺ「ええ、まあ。でもそれが生きるってことですから」

2010/01/21 11:50
生死 天国に行きたいかー 

やっほー。
書くネタは結構あったんだけど、連日の睡眠不足で限界に達し、
意識が途切れ、目が覚めたら書きたいこと全部飛んでました。

昨日はマジ早かった。
12時前には寝てたもん。
いつもより5~6時間くらい早い。

深い深い眠りにつき、あのまま死んでも後悔ありませんでした。

なんか、死んだ時ってあんな感じで
完全に無になれるんなら悪くはないよな、とか思うよね。

死の先にもまだ「何か」が存在するなら、
仮に行先が天国だったとしても僕は無に還る方を選びたいですね。
▽コメント一覧(1)

2009/10/23 02:00
生死 弟の墓参り 

先日、弟の墓参りに行ってきたさ。

もう何年になるかな。

弟の墓は雲の上の神殿におさめられてる。

神聖な場所なんだろうが、あの場所に近づくにつれて、ザワザワとどす黒い感情が蘇ってくる。

だけど、こんな思いは二度と失うことはあるまい、と思っていても、

もちろん忘れたわけじゃないけど、

目からとめどなくあふれていた涙も、今は当時ほどじゃなくなってきてる。

当時、弟を失った時点で僕はこのことを恐れてたんだよな。
トラックバック(0) | |編集 コメント(-)
バロメーター

現在の閲覧者数:

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

過去ログ
 

もくじ
時計
ページ移動
▼モバイル▼
▼インターネット▼
▼習い事▼
▼レンタルサーバー▼
▼出逢い▼
▼コミュニティ▼
▼美容・健康▼
▼代行作成▼
▼ショッピング▼
▼車/バイク▼
▼その他▼
天気予報

-天気予報コム- -FC2-



ブロとも申請フォーム
シンプルカテゴリ
新管理メニュー
WEBコンサルティング joomlaでホームページ制作 ブログパーツ制作
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。