■限界エブリデイ■

人生の足跡。

--/--/-- --:--
スポンサー広告 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック(-) | |編集 コメント(-)

2009/03/29 15:53
日記2006~10年 穴があったら入りたい 

昨夜、おもむろに手に取った「ヒカルの碁」を読み始めたが最後。

残り3巻と迫ったころ、気づけば既に東の空が白み始めていたのであった・・・・。

くそねみー。

往復83キロ、運転にここまで全身全霊を注ぐことになろうとは。

さて、先日臨時勤務先のショッピングセンターで迷子の女の子(自称3才)を発見。

いちはやく気づいた僕は女の子の元へ駆けつけましたさ。 「誰と来たの?」

「ママと来たの(泣)」

「ママいなくなっちゃった?」

「うん」

「じゃあ、ママを探してくれるところまで連れてってあげるから、もう大丈夫だよ」

的なノリで1Fサービスカウンターまで行くことにしたわけさ。

さしかかったのはエスカレーター。

「アレ乗れる?」

「うん」

手をつないで乗った瞬間、足元がおぼつかない彼女。

これは降りるとき危ないかもしれない。

僕は「危ないから抱っこするね」と女の子をエスカレーターで抱きかかえました。

ここはネタ的にお姫様だっこしとくとこかなと頭を過りましたがやめときました。

「ハイ、人さらいじゃないですよー、迷子の保護ですよー」
と精一杯周りにアピールしたい気持にかられながらサービスカウンターまで。

カウンターで事情を話すとおねーちゃんがしゃがんで迷子の子に

「誰と来たの?」

女の子は答えない。

そこで僕は思わずさっきまで迷子と話してた時の口調でカウンターのおねーさんに

「ママと来たの」


・・・・・・・・。

いやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいや、違うんだー!違うんだ違うんだ!

僕はママと来てないの、僕はお仕事で来たの!(泣)

迷子の子と話してたのと同じ調子がすぐに抜けなかっただけなの!(泣)

▽コメント一覧(2)
ははははぁ~v-411
やるじゃん~v-392v-426
[ 2009/04/12 23:50 ] [ 編集 ]
僕は健在です。
[ 2009/04/13 00:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
バロメーター

現在の閲覧者数:

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ
 

もくじ
時計
ページ移動
▼モバイル▼
▼インターネット▼
▼習い事▼
▼レンタルサーバー▼
▼出逢い▼
▼コミュニティ▼
▼美容・健康▼
▼代行作成▼
▼ショッピング▼
▼車/バイク▼
▼その他▼
天気予報

-天気予報コム- -FC2-



ブロとも申請フォーム
シンプルカテゴリ
新管理メニュー
WEBコンサルティング joomlaでホームページ制作 ブログパーツ制作
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。