■限界エブリデイ■

人生の足跡。

--/--/-- --:--
スポンサー広告 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック(-) | |編集 コメント(-)

2009/05/09 23:29
日記2006~10年 生きていくのがイヤになりそう 

今夜から家族が2泊3日で親戚宅へ外出の為、彼は職場から最寄のとんかつ屋に立ち寄った。

夕食を済ませると彼は足早に車に戻った。

黒雲が妖しげに月を覆い隠す今夜、彼はただならぬ何かを感じ取っていた。

自宅の車庫に車を停めると、彼はそのただならぬ予感の正体を知ることになる。

…鍵がないのだ。

自宅の鍵がない。

「ばかな」

彼は思わず言葉を漏らした。

カバンの中もひっくり返し、車の座席の下までくまなく探したが見つからない。

落ち着け。
こんな時こそ冷静でいられるのが自分じゃないか。

彼は言い聞かせた。

まず今の状況を整理するのだ。

1、今夜自宅には誰もいない
2、鍵がない
3、所持金はとんかつを食した結果残り2千円。

この3つの事項から導き出せる結果を述べよ。

回答:今夜は野宿。

・・・いやいやいや。
マテマテマテ。

もう一度落ち着いて考えるんだ。

まるで、シャーロック=ホームズか金田一耕助か古畑任三郎のように、彼は眉根を寄せて考え込む。

職場で落とした可能性が高い。

しかし往復で1時間だ。

戻るのは職場にあると確信した最終手段としておきたいところだった。

彼は再び車のシートに腰を下ろした。

彼の車は禁煙車だった。

灰皿は使わない。

しかしながら彼はおもむろに車に取り付けられた引き出しタイプの灰皿を引いた。

チャラリという音と共に「それ」はその姿を現した。

・・・・・なんであるんだよこんなところにっ!!

かれこれ20分に渡る苦悩であった。

全く。

愚鈍というかうどんというか・・・。

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
バロメーター

現在の閲覧者数:

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ
 

もくじ
時計
ページ移動
▼モバイル▼
▼インターネット▼
▼習い事▼
▼レンタルサーバー▼
▼出逢い▼
▼コミュニティ▼
▼美容・健康▼
▼代行作成▼
▼ショッピング▼
▼車/バイク▼
▼その他▼
天気予報

-天気予報コム- -FC2-



ブロとも申請フォーム
シンプルカテゴリ
新管理メニュー
WEBコンサルティング joomlaでホームページ制作 ブログパーツ制作
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。