■限界エブリデイ■

人生の足跡。

--/--/-- --:--
スポンサー広告 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック(-) | |編集 コメント(-)

2009/06/07 03:41
人間 「とらドラ!」から考察する。人が傷つく原因。 

「逃げてたら誕生日が来たって大人にはなれない」

オタクアニメだと思いきや、意外に奥が深い、「とらドラ!」。

まーしょせんアニメ風情のキャラクター。

まず存在しえないほど、絵に描いたようないい奴らが複雑に絡み合う恋模様の中、お互いに傷つき、そして傷つけ合う。

出てくる奴らは皆いい奴なのに、自分の意思とは関係なく自分のせいで親しい人々が傷ついていく。

思いが空回りする世知辛さが描かれている。

彼らの恋模様、または友人同士のトラブルは、自己表現もままならない為、実に馬鹿馬鹿しくて稚拙で不器用だ。
僕に言わせればね。

まあ、それは僕が大人になっちまったってことなんだろうなあ。
決して作品自体がつまらないわけじゃなく、未熟な学生たちの心理を、僕が見るから稚拙に感じるだけであって、学生レベルの心理状態はよく描かれてると思う。

でも稚拙なんだけど、彼らも未熟なりに精一杯頑張っちゃいるんだよね。
でも未熟ゆえの空回りっていうのかなあ。
どうしてこの物語にはこんなにもいい奴らが集まってるのに、傷つき傷つけられる人間が多いのか。

それは以前に紹介した「これはただの例え話じゃない」の様に、傷つけたくないと思うだけでは人を守れないってことなんだよな。

一人歩きする言葉、その威力は迂闊にもらすだけで自分の意図したものより数倍の威力の核弾頭となり相手の心に直撃する。

そして、人が傷つく理由として、この物語の中に僕はもう一つ見つけたよ。

こいつら、自分を犠牲にして誰かを守ろうとする姿を露骨に見せすぎなんだよな。

まあわざと見せてるわけじゃないけど、簡単にバレ過ぎだよ。

そんなんだったら「あんた私のためにそんな気遣うんじゃねーよ!」「いや、間違ってるのはあんただ」みたいな水掛け論に発展する。

こっそりやれこっそり。

そしてこいつらは他人の厚意を断固拒否しすぎだ。
プライドだか意地だか知らないけど、拒否すれば相手は余計にムキになるのがわからないのかなあ。

ウソでもいいからそこは厚意を受け止めておくんだよ。

そしてそれを受け入れるのが自分の中で許せないなら、あとでこっそり自分なりのけじめをつけるがいい。

と、まあ随分冷めた感想になっちゃったけど、そーいうとこまで思考が回らない未熟な若者たちが、自分に出来る限りの策を労し、努力している姿はやはり涙ぐましいんだよ。

とらドラ! Scene8 (初回限定版) [DVD]
釘宮理恵, 間島淳司, 堀江由衣, 野島裕史, 長井龍雪

とらドラ! Scene8 (初回限定版) [DVD]
とらドラ! Scene7(初回限定版) [DVD] とらドラ! Scene6(初回限定版) [DVD] とらドラ! Scene5(初回限定版) [DVD] とらドラ! Scene4 (初回限定版) [DVD] とらドラ! Scene3(初回限定版) [DVD]
by G-Tools


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
バロメーター

現在の閲覧者数:

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ
 

もくじ
時計
ページ移動
▼モバイル▼
▼インターネット▼
▼習い事▼
▼レンタルサーバー▼
▼出逢い▼
▼コミュニティ▼
▼美容・健康▼
▼代行作成▼
▼ショッピング▼
▼車/バイク▼
▼その他▼
天気予報

-天気予報コム- -FC2-



ブロとも申請フォーム
シンプルカテゴリ
新管理メニュー
WEBコンサルティング joomlaでホームページ制作 ブログパーツ制作
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。