■限界エブリデイ■

人生の足跡。

--/--/-- --:--
スポンサー広告 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック(-) | |編集 コメント(-)

2009/06/27 00:00
世の中の改善策 【長文】TV、漫画、ゲーム、ネットが子供に悪影響を及ぼすか 

インターネットは子どもに悪影響を与えるのか?――アイシェア調べ

>未成年の子どもに悪影響を与えるテレビ番組が「あると思う」と答えた人は80.9%にのぼり、悪影響を与えるテレビ番組の存在を危惧する人が多かった。



いつだったか、ウチかどこかの掲示板か忘れたけど、ゲームやテレビ、ネットが悪影響を及ぼす要素となりうるか、みたいな趣旨の、壮絶な討論が展開されたような気がする。

僕はやっぱり悪影響を及ぼす可能性はある派だったんだけど、ない派の主張がどんなだったかちょっと忘れたな。

僕があると思うっていう理由はこうですね。
子供に判断力や抑制力が伴わないケースが多いってのもそうだけど、メディア自体の低俗化が近年顕著に出てるってのもあるかな。
やっぱ数字のために、生産者は消費者の心をつかむために、出来る限り法に差し支えない範囲でギリギリの線まで型破りな放送とかしたがるわけでしょ。

どういうものが消費者の心をつかむかっていうと、規則・規制にとらわれない、本能が求めるものになるべく近いものなわけだ。

本能っていうのは規則・規制とは相反するもの。
「あるべき姿」や「理想」とされるものからはどうしても遠ざかるものなんじゃないかな。

法的に問題が無くても、モラルや秩序っていうものは世の中全体で定められたものじゃなくて、非常に曖昧なわけだ。

まあ、曖昧だからこそ、そのへんの分別がつけば問題ないんだけど、子供の場合その判断力と自己抑制力が不十分だから問題なんだろう。
大人でもいるくらいだしそーいうの。

じゃあまあその判断力と自己抑制良くが伴っていればいいわけで、全てを漫画・テレビ・ネットの悪影響のせいにするのは早計じゃないかとも思うけど、そんなこと言ってたら堂々巡りなんだろうね。

例えば、床に皿を落とせば割れる。
これは皿がもろいせいとは限らない、皿が落ちても割れないように床をそーいう材質にすればいいんじゃないか、とか言い始めたらそんなのはただの机上論に過ぎないでしょう。

人の意思とは揺らぐものなわけで。
「そーいうもの」っていうまず前提を確固たるものにしないと詭弁が飛び交う水掛け論で終わっちまう。

自己判断力・抑制力を培うのも大事だけど、それを揺るがせてしまう要因になるのが、モラルのギリギリの線を飛び回るメディアの力になりうるんじゃないですかね。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
バロメーター

現在の閲覧者数:

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

過去ログ
 

もくじ
時計
ページ移動
▼モバイル▼
▼インターネット▼
▼習い事▼
▼レンタルサーバー▼
▼出逢い▼
▼コミュニティ▼
▼美容・健康▼
▼代行作成▼
▼ショッピング▼
▼車/バイク▼
▼その他▼
天気予報

-天気予報コム- -FC2-



ブロとも申請フォーム
シンプルカテゴリ
新管理メニュー
WEBコンサルティング joomlaでホームページ制作 ブログパーツ制作
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。