■限界エブリデイ■

人生の足跡。

--/--/-- --:--
スポンサー広告 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック(-) | |編集 コメント(-)

2009/07/31 00:09
重くてごめん 知ってもらいたいこと【後篇】 

前回の続きです。

正直、掲載するべきかどうかは迷いどころでした。

人々に広く知れ渡るようにする、というのは、それなりのリスクも伴うわけでしょ。
知れ渡ることで集まるのは必ずしも協力者や理解者だけではなく、
その半数は好奇の目と、物事の深刻さを理解できない者の批判の声だ。

あとで触れるが、僕なら、障害を負った弟の生活を
マスコミに医療ドキュメントとかで脚色されて済まされたら我慢がならないですね。
弟の人生を2時間ドラマと一緒にするなと。

軽率な行為は避けたい。
良かれと思ってやったことが災難を招くというのが最も悲惨だ。

そしてもうひとつ、僕が抜き差しならない状態に陥ったその時、
僕にとって回りの人たちの厚意はわずらわしさでしかなかった。

ある一定のレベルを超えたものになると、どんな言葉もその人の心には届かなくなる。
厚意が必ずしも人のためになるとは限らないってことだよね。

自己満足や美徳のために動くくらいなら、どうすることが最良なのか、僕の中では答えは出ている。

だから普段から、僕が初期の段階で誰かに手を差し伸べることはあまり多くないです。
ただ見守り続け、限界を感じたら声をかけてみる、と言ったところでしょうか。

つまり言いたいのは、相手にとって、それが必要なら協力は惜しまない。
しかし、本当に力になれるかの見極めが重要ってことかな。
キレイごとだけじゃ解決にはたどりつかない。
現実を見ないと。
そして現実を見るというのがいかに過酷なことなのかを理解する覚悟ね。 以前に僕が気力を振り絞って書いた記事を読んでくれた人もいるかとは思いますが。
あの話を口にしたり文章化しただけでも数日は精神力が削り取られるのでなかなか話すことが出来ないんだけど。

僕の弟も障害を負っていて、やはりこれも先天性でした。

遺伝によるものが多いが家系にこの障害を持つ者はいなくて、突然変異の一種だったらしい。

だから親近感があって、とかそういうわけじゃないんだけど。
冒頭で掲載に迷った理由について触れさせてもらったけど、
弟がこの話を聞いたらなんて言うかな、って思ったら、新しい答えが出てた。
あと、前述したように、当事者が助けを求めてるならば、悩む理由はないんじゃないかなと。
及ばずながら力になれればよいですが。

しかし、概念の無い者にその存在を周知させるのは本当に難しい。
例えば江戸時代の人間に携帯電話の原理を口で説明しても到底理解には及ばない。

当たり前に手足を動かし、食事をしたり、棚の上の物をとったり、
外で遊びまわることが出来る人たちは、その素晴らしさなんて考えたこともないんだよな。
ましてやそれが出来なくなることなんて想像もしない。

その重要さをわかっているのに忘れてしまっている。

僕たちが酸素を吸って二酸化炭素を吐いていることをわかっていながら忘れてしまっているようにね。

そんな状況をいかに言葉で説明しても本当の理解を得ることは困難を極める。

全て、初めて自分の身に降りかからないとわからないことだ。
「想像を絶する」という陳腐な表現があるが、それが具体的にどういうことなのかを思い知った時、
「この世にこんな悲痛なことが存在していいのか」と初めて事態と向き合うことになる。

胃袋に硫酸を吹きつけられるなんていう表現じゃ生易しいだろう。

ところで障害を負っている本人もだが、もちろん介助者やその家族も途方も無い心身の疲労は伴うものだが、
弟の筋力が、年をとるごとに委縮し、ハタチにはその一生を終えることをわかっていながら、
仕事も結婚も諦め、幼少の頃から毎日笑いながら過ごし続けることがどういうことか、
僕はむしろ誰かにわかってもらおうとは思わなかった。

そんなヒマがあるなら、それよりも弟の充実した日々を遅らせるだけで手いっぱいになってたんだけど、逃げだったのかもな。
世の中には介護者をサポートしようとする動きもある。
僕もそういう世の中の動きに協力しようと思えばできたのかもしれない。

多分どうすることが正しいかなんて答えはない。

全部正しいかもしれないし、全部間違ってるのかもしれないけど、
当事者は藁にもすがる思いで何らかの選択をしなくちゃいけない。

その選択の答えを正しいものにするかどうかは、やはり当事者や関係者の
決意と覚悟にもよるんだろうけど、そのサポートが僕にもできるなら何も言うことはないです。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
バロメーター

現在の閲覧者数:

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

過去ログ
 

もくじ
時計
ページ移動
▼モバイル▼
▼インターネット▼
▼習い事▼
▼レンタルサーバー▼
▼出逢い▼
▼コミュニティ▼
▼美容・健康▼
▼代行作成▼
▼ショッピング▼
▼車/バイク▼
▼その他▼
天気予報

-天気予報コム- -FC2-



ブロとも申請フォーム
シンプルカテゴリ
新管理メニュー
WEBコンサルティング joomlaでホームページ制作 ブログパーツ制作
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。