■限界エブリデイ■

人生の足跡。

--/--/-- --:--
スポンサー広告 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック(-) | |編集 コメント(-)

2009/12/06 19:44
人間 倒れゆく戦士たち 

ドラゴンボール
僕も今まで色んな意味で倒れゆく戦士たちを目の当たりにしてきましたよ。

生活していく上で共に戦ってきた戦線を離脱する人や、
または文字通り、不幸な事件や事故で他界していく人々。

伝えるべきことを言わずして立ち去る人間の何と多いことだろう、とか思ってたんだよね。

残された人たちには、去りゆく人たちの胸中なんて知る由も無い。

どうしてこんなことになったのか。

未然に解決するすべは無かったのか。

疑問と後悔だけが脳内を堂々巡りして、
延々と続く迷路をさまよい続けたあと、
それは決してゴールにたどり着けないものだと知ると、
自分たちを置き去りにした人間に責任を転嫁したがる。

「どうしてここまで問題が深刻になる前にもっと早くに言ってくれなかったのか」
でもそれは違うんだよな。

周りはその現状に気づいていなくても本人は今まで必死に戦ってた。

その闘いに力尽きる時、それは自分に思いつく限りのことをやり尽くしたあとで、
そんな時に今さら「どうしてもっと早く」とか言われようものなら逆効果だ。

本人らは言われるまでもなく、あらゆる手を尽くして来ていたのだろう。

ただそれを、まともに受け止めてもらえず、
訴えても訴えても右から左に受け流され続けそこで力尽きたのだとしたら
いまさらになって「話を聞かせてごらん」
みたいな状況になっても誰が胸中を打ち明けられるんだろうか。
いや、すでに打ち明け続けているのに
また同じ話を繰り返す気になれるだろうか。

話す気力もないだろう。

そして人々は去って行った。

当然の結末なのかもしれない。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
バロメーター

現在の閲覧者数:

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

過去ログ
 

もくじ
時計
ページ移動
▼モバイル▼
▼インターネット▼
▼習い事▼
▼レンタルサーバー▼
▼出逢い▼
▼コミュニティ▼
▼美容・健康▼
▼代行作成▼
▼ショッピング▼
▼車/バイク▼
▼その他▼
天気予報

-天気予報コム- -FC2-



ブロとも申請フォーム
シンプルカテゴリ
新管理メニュー
WEBコンサルティング joomlaでホームページ制作 ブログパーツ制作
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。