■限界エブリデイ■

人生の足跡。

--/--/-- --:--
スポンサー広告 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック(-) | |編集 コメント(-)

2010/01/21 11:50
生死 天国に行きたいかー 

やっほー。
書くネタは結構あったんだけど、連日の睡眠不足で限界に達し、
意識が途切れ、目が覚めたら書きたいこと全部飛んでました。

昨日はマジ早かった。
12時前には寝てたもん。
いつもより5~6時間くらい早い。

深い深い眠りにつき、あのまま死んでも後悔ありませんでした。

なんか、死んだ時ってあんな感じで
完全に無になれるんなら悪くはないよな、とか思うよね。

死の先にもまだ「何か」が存在するなら、
仮に行先が天国だったとしても僕は無に還る方を選びたいですね。 極楽があったとしても、自分が満足を得れば誰かが不満足になるし、
それに気づけばやはりいたたまれなくなるし、
誰もが極楽を味わうなんてのはこの世じゃなくても
ありえない法則だよ。

無が一番ラクじゃないか。

何かに惑わされたり痛みを感じたり、情けを感じたり、
思いやったり、
死してもなお、感情に左右されないといけないなんて疲れそうじゃないか。

人生は短いから、幸せってのはその限られた時間の中でしか味わえないから
みんな一生懸命生きるわけで、
だらだらとこの意識が存続し続けるとしたら、
刺激に慣れ過ぎて、もはや感情の起伏もなくなり、
ただ無駄に「存在するだけの意識」になりそうだ。

嬉しかったり楽しかったりとか、仮にプラスの感情だったとしても
何かを感じとることが出来る今の状態が、
これからも未来永劫続くってリアルに考えたらどーですかね。
何百年も何千年も、この意識は決して途絶えることが無い、って考えたら、
僕だったら気が狂いそうになるね。

漫画とかで不老不死を手に入れようとする奴らの気が知れません。

まあ生きてる限りはそーいう
感覚的なものがあってナンボだけど、
死んだらもう何も感じたくないですね僕は。

別に書きたいことってこんなことじゃなかったんだけど、
「あー、よく寝た」っていうのを一言書くつもりが
話のスケールが果てしなく膨張しちまった_| ̄|○
▽コメント一覧(1)
寝られて良かった良かった。
[ 2010/01/21 14:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
バロメーター

現在の閲覧者数:

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

過去ログ
 

もくじ
時計
ページ移動
▼モバイル▼
▼インターネット▼
▼習い事▼
▼レンタルサーバー▼
▼出逢い▼
▼コミュニティ▼
▼美容・健康▼
▼代行作成▼
▼ショッピング▼
▼車/バイク▼
▼その他▼
天気予報

-天気予報コム- -FC2-



ブロとも申請フォーム
シンプルカテゴリ
新管理メニュー
WEBコンサルティング joomlaでホームページ制作 ブログパーツ制作
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。