■限界エブリデイ■

人生の足跡。

--/--/-- --:--
スポンサー広告 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック(-) | |編集 コメント(-)

2010/04/05 19:28
お仕事トーク 「お前は何様だ!」と怒鳴られた就活生 

正しいかどうかはわかんないけど、言いたいことがある。
以下転載。




「お前は何様だ!」と怒鳴られた就活生

リクルートで「リクナビ」「ケイコとマナブ」「就職ジャーナル」を歴任し、現在は人材育成コンサルタントとして活躍する前川孝雄氏。とある就職セミナーに講師として招かれた時に、貴重な経験をしたといいます。
 
 前川氏が社会に出て働く意味などを大学生に話していたのですが、最後の質疑応答でひとりの学生が噛みついてきたのです。

 「お話を聞いていると、自分のやりたいことがあっても、それをねじ曲げて会社に合わせろと言っているように聞こえます。僕はやりたいことがあります。どうしてそれをねじ曲げてまで会社に合わせないといけないのですか?  それが就職というものなんですか?」

 実に大学生らしく、毎日のように同じ意見を聞いている前川氏は微笑ましく感じていたのですが、隣に座っていたある企業の40代管理職の方は違ったようです。
 
 突如、烈火のごとく怒って「お前は何様だ!  そんなにやりたいことがあるんだったら、就職なんてしなくていい。ひとりで会社でも作りなさい!」と、その学生を怒鳴りつけたのです。会場はシーン。叱られた学生は見るからにショボンとしてしまい、会場には何ともいえない空気が漂いました。

 しかし、話しはこれで終わりません。セミナーが終わって控室に戻る途中、さきほど怒鳴った管理職の方が、前川氏に「さっきの彼いいね」と言ったのです。

 学生や20代の会社員のみなさんは、この言葉の意味がわかりますか? 

  答えはシンプルです。管理職の方は続けてこういったそうです。「あいつみたいな奴が部下なら、徹底的に鍛えたいな」。実は噛みついてきた彼の尖っている部分を評価していたのです。骨があると思ったのでしょう。ですが、ストレートに褒めるのではなく、一度叱ってみせたのです。

 難しいですよね、大人が何を考えているかって。大人や先輩の社会人はとにかく「自分探し」「自己実現」をあまりよくは思っていないのです。むしろ毛嫌いしている程。
 
 それは、本当にやりたいことができるのが、社会人として20年くらい経って、人と組織をちゃんと動かせるようになってからだということを、自身の経験から知っているからなのです。学生に人気のある大企業なら、なおさらそうでしょう。

 本当のことをいうと、社会人の経験の長さは、その人の実力がそのまま反映されるし、「丁稚奉公」には若者が思っている以上に大きな意味があります。これは昭和だろうと平成だろうとあまり関係のないこと。

 ですが、最近の若い人は、自分のやりたいことを今すぐにやらないと意味がない、成長できないと信じ込んでしまっているようです。良くいえば真面目なんですが、悪くいえば視野が狭い。

 物心ついてから10年くらいの間に決めたこと、もっと言えば、就職活動中の半年から1年の間に自己分析した結果で、自分の人生を決めてしまっていいのでしょうか。皆さんも正直なところ、自分のやりたいことが本物なのか、と常に逡巡しているのではないでしょうか。
 
 少し社会人を経験し、もっと軽くこまじめに会社(社会)の仕組みを理解したうえで、そのなかをうまく泳いでいこうと考えてはどうでしょう。そのためにはまず、「会社組織のなかで会社員として働くこと」を正しく理解することが必要なのです。

・・・まーしかしどうなんだろうね。
僕も、いち教育担当者として色々な考えを持ってるんだけど、
まあ経験の度合いからすればこーいう人たちから見れば僕もまだヒヨッコなのかもしれない。

だから僕がどうこう吠えたところで若造の戯言でしかないのかもしれないけど、
まあ僕なりに思ったことを言わせてもらうなら、
こーいうアツイ人たちって自己の創り上げた陶酔世界に浸りきることで、
相手の立場や気持ちを一切の思慮に入れないから嫌いだよ。

そんでこーいうコラムでは一つの出来ごとが美化されて伝えられる。

その学生があんたの部下なら叱責するのもありだろうし、
あと、そこが多数の学生が集まる会場とかじゃなければそれもよかろう。

学生は未熟だからそーいうセミナーに参加してるわけで、
ある程度語気が強くなるくらいならまだしも、
その未熟な学生に烈火の如く怒鳴りつけて会場を静まりかえらせるなんて、
僕に言わせれば教育者や指導者として言語道断です。

後日談として語ればその話は美しいだろうが、
その学生に適切なフォローは入れてるのか。
その後、彼と何の接触もとってないなら、
断言してもいい。
真意はまず相手に伝わっていないだろう。

多数の集まる中で何さま呼ばわりされた学生は、
果たして今後も何の心境の変化も無いだろうか。

世の中には強い人間もいるけどさ。
僕みたいに、カッチーン!と来て立てつく輩もいるでしょう。

だけど全ての人間がそうじゃないことも
発言する側は思慮に入れなくちゃいけないし、
事が済んだあとで
「彼はいいね、はっはっは」とか言ってるのはいかがなものかと思うわけ。

まあ、既に彼が自分の部下となってるなら・・・
いや、そうだとしてもイヤだけど、
彼はまだ、その若い芽すら出ていないわけだろ。

そんな段階で出鼻くじいて委縮させるだけで
その後何のフォローも無いとしたら、
僕に言わせれば自己満足に終始する無責任さを感じずにはいられないわけ。

その長い経験から、多分正しいのはこーいう場で講師を務めてる人たちなんだよな。
ただ、問題となるのはその伝え方なんだよ。
誤解を植え付けることで芽を摘み取るハメになりかねないぜ?

例えば後輩が新人さんを教育するときに、
どう教えて行ったらたらいいか、とか聞かれることがよくあるんだけど、

そんな時、まず最初に僕がよく言うのは、
「とりあえず、自分の知識を披露することと教えるってことは全く別物だってことを
認識しながら教えることだね」
ってことなんだよね。
それから、色々わかりやすい資料を紹介したり、
教える順番考えたりとかそーいうのを手伝う。

人に物を説くなら、伝えるってことの難しさを
よく噛みしめておくことだね。

大学の教授とかでもいたよ。
教えることをしないで、知識の披露だけで満足してた奴。
予備校の教師の方が100倍タメになるって思ったっけ。

このおっさん(転載コラム上の、ある企業の40代管理職)、
相手に目線を合わせるって発想自体が・・
多分ねぇんだろうな。
誰も気づかせてくれなかったんだろうな。
だから気づかせてあげようと思って書いたけど、
まあ多分「何様だ」って思われておしまいなんだろうな。

この手の人種はたいがいそうだ。
▽コメント一覧(7)
半分は悪い話しだね…

噛み付いた学生さんを
「良い」
と見抜く力を持っていながら
身もフタもないような怒鳴り方しちゃったのかね…

実に残念だね…


[ 2010/04/05 22:26 ] [ 編集 ]
経験を積むと、多分自分なりの世界っていうのは確立されちゃうんですよね。

一度そーいうのが出来あがっちゃうと、自らそれを否定するのは難しい。

だけど本当の偉大なのは常に自らを疑って省みる姿勢が取れる人材じゃないかと思うわけ。

どんな偉人だろうが絶対なんてことはないしね。

ひとつの考えがあったとして、その中のうち、
何を言うべきか、何を言わざるべきか。

一歩引いて考える冷静さを持て。
[ 2010/04/05 22:38 ] [ 編集 ]
ついでに言うなら、「何様」なんていうのは
叱責ではなく、もはや罵倒の域。

勢いで考えなしに罵って、
場の空気に「マズイ」と思った管理職のおっさんは、
とりつくろうように後付けしただけにしか聞こえないのね。

だから僕には
「良い」と見抜く力があったとも感じられないです。
[ 2010/04/05 23:03 ] [ 編集 ]
そう考えた方がつじつまが合う気がしてきた!(笑)

だいぶ残念なニュースになったな…(笑)


ちょっと昔の少年漫画風に
その管理職のおっさん
(悪役と見せかけて実は良い人な体)


「かーっかっかっか!(笑)これは、これは、面白い!中々骨のあるヤツがおると見えるわ!
しかーし!甘いな小僧!オヌシ一人の力で世界が動かせると思うな!
できるもんならやってみぃ!そして、ワシを追い抜いてみろ!
ワシは逃げも、隠れもせんぞ!カークワァクワックワッ(笑)」

とか、言いながら去って行ったら、ちょっと面白かったのに(笑)


[ 2010/04/06 01:15 ] [ 編集 ]
・・・・・・・・・・。

なんか、ハゲてて恰幅が良くて、口まわりがヒゲもじゃのキャライメージが
勝手に脳裏を横切ったんですが、時代背景の設定が古い_| ̄|○
[ 2010/04/06 05:56 ] [ 編集 ]
「何様だ!」って言い種自体、人格を疑わせるに充分だよなあ。
「オマエが何様だ!」って言ってやりたくなる。
あるいはむしろ、「俺様だ!」とかw
[ 2010/04/06 16:15 ] [ 編集 ]
ガキの頃、友人が、親か何かに「何様?」と言われて
「お子様」とか答えてよけい怒られたというエピソードを思い出しました(笑)。

ほんと、人格疑いたくもなりますよ。
ただ否定するだけじゃ指導とは言えないってことに
管理職を担っていながら気づかないのかなあ。
[ 2010/04/07 01:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
バロメーター

現在の閲覧者数:

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

過去ログ
 

もくじ
時計
ページ移動
▼モバイル▼
▼インターネット▼
▼習い事▼
▼レンタルサーバー▼
▼出逢い▼
▼コミュニティ▼
▼美容・健康▼
▼代行作成▼
▼ショッピング▼
▼車/バイク▼
▼その他▼
天気予報

-天気予報コム- -FC2-



ブロとも申請フォーム
シンプルカテゴリ
新管理メニュー
WEBコンサルティング joomlaでホームページ制作 ブログパーツ制作
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。