■限界エブリデイ■

人生の足跡。

--/--/-- --:--
スポンサー広告 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック(-) | |編集 コメント(-)

2012/11/27 23:44
生死 祖母が他界しまして。 

花鳥風月
急遽秋田県まで飛んで来ました。
車で九時間。
結構長旅でしたが今日はとりあえずひと段落ってことで心境を手記として残しておく。

具合が悪かったわけでも入院してたわけでもなく、前日の夜も普通に夕食をとっていたそうで、本当に突然の訃報だったんですが、長期に渡り苦しむようなことはなかったそうなので、享年95才でこういう形での締めくくり方なら大往生、まさに理想の最期だったんじゃないかなと思いますた。

お婆ちゃんはいつも明るくて元気で、このままずっと元気なんじゃないかなんて冗談言ってたときもあったんですが、お婆ちゃんは不死身じゃなかったんだな、とか当たり前のことを実感したりして。

子供の頃から遊んでもらった時の思い出が堰を切ったかのように脳裏から溢れ出したね。

僕は身内の死はまだ二回目で、慣れてるわけじゃないので(慣れたりするもんじゃないけど)やっぱり色々なことを考えてしまう。

子供の頃にお婆ちゃんから戦争の話を聞いた。
言葉で伝え聞く惨状なんて氷山の一角に過ぎない、壮絶な体験をお婆ちゃんはして来たわけで、それを僕たち戦争を知らない人間が全てを理解することは絶対にできない。

その人生の足跡は余りにも果てし無くて、きっと僕たちの想像は到底そこに及ぶことなんて無いんだろうと思ってる。

そのお婆ちゃんが戦争を生き抜いて、父が生まれ、母と出会いそれで僕が今ここにいる。

戦争に限った話じゃなく、1人の人生が終焉を迎えるということがどういうことかって意味を考えただけでも果てが見えなさ過ぎて気が遠くなる。

父方の祖母なのでおかんからは義理の母にあたるんだけど、おかんが涙をながしたとき、そりゃそうだよな、と思った。

おかんは、お婆ちゃんにこの三十年以上、義理の母への親孝行に全力を注いできたのを僕はこの目で見てきた。その献身は世間に誇ることができると確信してる。

それを思うと僕も何か胸の奥からこみ上げてくるものを抑えることはできなかったよ。

あと、大往生とは言え、やはりその一生を終える時、人は何を思うんだろう、とか考えた。

九十余年を生きてもその時が来たその一瞬は、やはり恐怖を感じるのか、それとも穏やかな気持ちでいられるんだろうか。人によってはまだ死にたく無い、とか思うのか。そんなことを考えるヒマすらないのか。

お婆ちゃんの顔はとても穏やかに見えて、しかし今にも何事もなかったかのように起き上がるんじゃないか、というような感覚は無かった。

やはり、今、全てが終わったんだな、という現実が妙に素直に受け入れられたような感覚だ。

でも、目の前に横たわっているのがお婆ちゃんじゃなくて、誰か別の人なんじゃないか、と思いたがる自分がいたのも事実かも。

遡れば果てしないお婆ちゃんの人生の終焉。
想像を超えた色んなことがあったんだろうな。

以前、葬儀とは死者の魂の為に行うのではなく、残された者たちが前に進むべく心の整理をするための儀式だと書いたことがあるけど、実際がどうであろうが今は静かに送り出してあげたいという気持ちになれる。

突然だが、僕の休日の過ごし方の一つに、「遺書を書く」というのがある。

別に自殺願望があるわけじゃなく、人生ってものをより現実的に考えた結果なんだよね。

つまり、事故や事件に巻き込まれて自分がいつ死ぬかなんて誰にもわからないわけでしょ。

伝えるべきことを伝えずしてもし自分が死んでしまったら死んでも死に切れない、っていう、ただそれだけです。

バカにする奴はするだろうけど、残される側の人たちにとってはとても重要なことだと僕は思うよ。

しかし僕みたいな安っぽそうな人生でも、伝えるべきことを考え始めたらキリがなくて、こんな僕でも結構重鎮な人生送ってやがるなあ、とか思う。未だにどうまとめたらいいのかわからなくて遺書は完成してない。

死って誰にでも訪れるってことを、誰もが理解しているはずなのに、やっぱり実感としてまともに考えてはいられない、ってなるのがフツーなんだろうけど、もっと現実的に意識しといた方がいいんじゃないかな、と思うわけです。




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
バロメーター

現在の閲覧者数:

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

過去ログ
 

もくじ
時計
ページ移動
▼モバイル▼
▼インターネット▼
▼習い事▼
▼レンタルサーバー▼
▼出逢い▼
▼コミュニティ▼
▼美容・健康▼
▼代行作成▼
▼ショッピング▼
▼車/バイク▼
▼その他▼
天気予報

-天気予報コム- -FC2-



ブロとも申請フォーム
シンプルカテゴリ
新管理メニュー
WEBコンサルティング joomlaでホームページ制作 ブログパーツ制作
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。